铭记一刻 · Long · Text

大雨的记忆

《斯普辛的日记》

第一章 大雨的记忆

今天是个特殊的日子。大暴雨。而且……还是斯普辛兄弟二人的母亲去世以来,他们为她过的第一个忌日。

关于他们的母亲,你可以看到家里摆满了照片和绘本,还有一些奇怪的干花和炉灶……那些都是母亲的遗物,哦哦,还有一架钢琴。至今这些物品都依然进然有序地摆在家里,就如母亲从未离开过一般。

扫墓的只有兄弟两人。他们爬过开满野花的山上,淋着雨。“你确定要带着这个吗?”哥哥格雷问弟弟卡拉斯。“为什么不呢?”弟弟抬头看了眼哥哥,又捏了捏手里的酒瓶子,“我想不到拿什么来象征老爹的份了。”

“好吧。”哥哥勉强挤出一个微笑,拍了拍自己大一号的大衣口袋,“混蛋老爹的勋章,他的最爱。”,“也对。”弟弟无奈地看了看手里的玻璃瓶子,但还是决定握着它了。“我们真的不打伞吗?”弟弟盯着哥哥手里的长把黑伞问。“照着母亲的遗嘱做吧……她肯定知道今天是特大暴雨,大概是有什么原因吧。”

兄弟二人沿着曲折的林间小路朝着藏在森林里的废弃公园走去。

“据说这个山上,特别是那个公园地下,曾经埋葬了很多士兵。”哥哥眼光扫过一块军绿色的破布随口说道。

“我知道。”

“你听谁说的?”

“乌鸦们。这里还有其他动物吗?”弟弟依旧摆弄着手里的瓶子,脚下的水洼里无数乌鸦从空中滑翔而过。

“话说,你说我们的妈妈真的是个女巫吗?”弟弟卡拉斯一边用口哨驱赶着乌鸦一边问道。

“她的力量一定都继承给你了吧?”哥哥笑着说道,“你可不要在市区里吹口哨,训鸟人。”

片刻沉默后,弟弟在松树下的长椅上边倒鞋子里的水边问哥哥:“妈妈以前是什么样的?”

“以前?”哥哥也一边整理衣服一边问弟弟,“你不记得了吗?”

“在我还没出生之前?”弟弟补充道。

“很会唱歌。会跟动物打招呼,不过只在夜里。非常爱爸爸……和我们。真的。你小时候他们还没吵架过的。”哥哥仰头望着突然放晴的鱼肚白的天空。“对了,妈妈还很会讲故事,她对付噩梦很有一套。”

“你今天也做噩梦了?”

“我做了吗?”

“我听到你晚上哭来着。”

“是吗?我不记得了……好了,我们走吧。”

阳光透过树荫洒在藤蔓和大理石雕像上……兄弟二人穿过被暴雨打得湿透了的石雕天使羽翼,在公园中央的圆形场地前,在巨大鸟群雕像下停下脚步。

“魔法阵?”弟弟蹲下轻轻抚摸着潮湿的土壤,“我嗅到一丝魔法的气息……”

“嗯?”哥哥顺着弟弟伸出的胳膊的方向看去,“我们应该可以绕过去吧?我记得母亲说过,遇到奇怪的痕迹绕过去就行。”格雷一边向群鸟雕像脚下眯着眼睛望着,一边压着头脑里的疑惑。他回想起母亲那年夜里在他枕边嘀咕的嘱托:“妹妹也交给你啦!记得保密,给弟弟个惊喜。”那天他扯住母亲的衣角,问道,“妈妈你要去哪里?……妹妹?”,“嘘!我的乖儿子,你长大了。妈妈会在梦里保护你的,勇敢地睡吧。”醒来他在枕头下发现了一封信,里面放的,也就是他现在手里拿的这个裹在糖纸里的小纸条,信封里还有地图,哥哥将它背了下来,其实就是这个公园的地图。

午后,太阳已然升起,暴晒着广场。哥哥一边掏眼镜一边眯着眼睛朝着弟弟挥手的地方走了过去。

“看我发现了什么!”弟弟努力压低了声音,却安耐不住兴奋地叫到。哥哥也在母亲交代的地方前蹲下来……

一个弃婴?

“妹妹?”格雷不假思索地眨了眨眼睛说道。

弟弟皱起眉头地看着哥哥,“我们,可以带走她吗?”

“这么大的暴雨都没有捎到婴儿躺着的篮子里,真是被雕像保护了……”哥哥反倒是抬头望着头顶弯曲的雕像局部感叹道。

“你说,我们的妈妈真的葬在这里吗?”弟弟问,“哥哥便起身四处转了一圈又回来了。他无奈地对弟弟说道,混蛋老爹没有说更多。但是除了妈妈还有谁会画魔法阵呢?”

“也对……”弟弟轻轻地抱起熟睡的小婴儿,将酒瓶子放在了石雕下,哥哥也将父亲的勋章挂在了瓶子上。二人抬起头望了望高大的鸟群雕像,阳光透过石头的翅膀洒在婴儿的脸上,她翻了个身继续熟睡。弟弟轻轻摇了摇身子,一边低头看着女婴,她的衣服下露出了一张名片。“这是……她的名字?”弟弟拜托哥哥拿起那张卡片,哥哥带着厚厚的眼镜凑过来,一字一顿地读了出来,“名:玛……丽,赠:斯普辛女士。”

兄弟二人面面相觑,不知为何,他们突然莫名觉得浑浑噩噩的生活中滑进了一丝希望……

“要不,混蛋老爹的家当卖掉算了,还能挣些钱。”哥哥说道。

“我也想,今年的生活费完全没寄到嘛离家出走也有个度吧……”弟弟握紧拳头附和道。

“那回去收拾下?”

“没问题老哥!”

直到街上,哥哥格雷这才打开了黑伞,将兄弟俩和小妹妹罩在了一起。他们走过了华丽却落灰的斯普辛家族的别墅门口,进了旁边的一栋公寓。过了一会,哥哥拿了串钥匙,他打开了旁边那长满蜘蛛网的吱吱呀呀的铁门,径直走进了储藏室。格雷翻找出婴儿用品并在后院清洗了一番,他回头看了看周围没人,便迅速拽起东西飞奔回了楼里。“如果这个孩子也不一般呢?不,她肯定不一般。不一般的家伙一定要好好藏起来。”哥哥脑子里飞速划过了邻居们扭曲的表情,推开了公寓虚掩的门。“这是个月的水电费。”弟弟将单子放在客厅的桌子上,抬头看着哥哥。“那我多打一份工?”哥哥一边放东西一边回头说,“不,我也要打工,学我也不上了,你好好上学,教我就行。”哥哥怔了下。“……也行。”他勉强挤出了这句话,为难地笑了。

“今天是个特殊的日子。弟弟卡拉斯6岁,我9岁,妹妹玛丽……0岁。”,哥哥在他的日记里写道,“混蛋老爹,你说母亲死了。可是,如果她还活着呢?或许只是去了我们不知道的什么地方……而她早有打算。”


我觉得我一开始下笔故事就不听使唤了……感觉它要自己跑起来了!佐恩怎么办?

这不挺好的。跑吧。我的过去什么都无所谓的其实。你写的话,它就会是真的。不要停。

TAT哎哎?!好吧……我……试试看?

BGM:Sigur Rós的曲子……

6月7日早1点半,用deepL辅助试着翻译了一下……

スプッシンの日記

第1章 豪雨の記憶

1

[今日は特別な日でした。 大きな雨が降った。 それに、スプッシン兄弟の母親が亡くなってから初めての忌日でもあるんだ。]

母については、家の中に写真や絵本がたくさんあり、ドライフラワーやストーブなどもあります。…… それらはすべて母の遺品である。 今でもこれらの品々は、まるで母がいなくなったかのように、家の中に整然と入っている。]

墓参りをしたのは2人の兄弟だけだった。 雨に濡れながらも、野草が咲き乱れる丘を越えていった。]

「本当にこれを持って行っていいのか?」  兄のグレイは弟のカラスに尋ねた。 “Why not?” 弟は兄を見上げながら、手に持っていたボトルを再び握りしめた。「親父の取り分を象徴するようなものを持っていくのは思いつかない。」

“Okay” 兄は無理に笑顔を作り、オーバーサイズのコートのポケットを叩いて、「くそ親父のメダル、彼のお気に入りだよ」と言った。,

“Other to be true” 弟は、手にしたガラス瓶を無性に見たくなったが、とりあえず持ってみることにした。  「本当に傘が要らないのか?」 弟は、兄の手にある長い黒い傘を見つめながら尋ねた。 「Do as mother’s will says …… 彼女は今日が特別な大雨であることを知っていたに違いない、おそらく何らかの理由で。」

兄弟は、曲がりくねった森の道を、森の中にひっそりとある廃墟の公園に向かって歩いていった。

「かつてこの丘に、特にあの公園の下には多くの兵士が埋葬されたと言われている。」お兄さんは、アーミーグリーンの雑巾に目をやりながら、何気なく言った。

“I know”

「誰から聞いたんだ?」

「カラスだ。 ここには他の動物がいるの?」 足元の水たまりで無数のカラスが空中を滑る中、弟はまだ手の中のボトルをいじっていた。

「そう言えば、私たちの母は本当に魔女だと?」弟のカラスが、口笛でカラスを追い払いながら聞いてきた。

「君は彼女から全ての力を受け継いだのではないか?」お兄さんは笑顔でそう言った。お兄さんは笑顔でそう言った。「ダウンタウンで口笛を吹くのはやめた方がいいよ、バードトレーナー」

しばらくの沈黙の後、松の木の下のベンチで靴に水を注ぎながら、弟が兄に尋ねた。”What did Mom used to be like?”。

「前に?”」兄も服を直しながら、「覚えていないのか?」と弟に聞いた。

「私が生まれる前?」 弟はこう付け加えた。

「歌がとても上手い。 動物にも挨拶しますが、夜にしか。 Loved Dad …… and us very much. 本当に。 あなたが子供の頃から喧嘩をしたことがないそうだ」

 兄は、急に晴れてきた魚の腹のような白い空を見上げた。 「ちなみに、ママはお話も上手で、悪夢を扱うのも得意なんですよ。」

「今日も悪夢を見たのか?」

「私が?」

「夜の泣き声が聞こえてきた。」

「そう? 覚えていないな。…… さて、行きましょう。」

蔓や大理石の像に日陰から降り注ぐ太陽の光 …… 二人の兄弟は、嵐で濡れた石の天使の羽の間を通り抜け、公園の中央にある円形の野原の前で、鳥の群れの巨大な像の下で立ち止まった。

「魔法陣 」ですか? 弟はひざまずいて、湿った土をそっと撫でた。「魔法の匂いがするよ ……」

“Hmm?” 兄は弟の伸ばした腕の方向を見て、「回り込めばいいんじゃない? 母は、変な道を見つけたら、とにかく回ってみなさいと言っていたのを覚えている。 」グレイは頭の中の疑問を絞り出すように、鳥の像の群れの足元に目を向けた。 母の指示を思い出し、その夜、枕元で「お姉ちゃんにも任せたよ!」とつぶやいた。「 秘密にすることを忘れずに、お兄さんにサプライズをしてあげてください。」その日、彼は母親のコートを引っ張って、「お母さん、どこに行くの? …… お姉さん?」、「Shhh! 私の良い子、あなたは成長しているんだ。 夢の中ではママが守ってくれるから、勇気を出して眠ってね」。 目を覚ますと、枕元に手紙が置いてあり、その中には今手にしているお菓子の紙に包まれた小さなメモが入っていた。また、封筒の中には兄が記憶していた地図が入っていて、それは実際にこの公園の地図だった。

昼下がり、太陽が昇り、広場を吹き飛ばしていた。 兄は目を細めて眼鏡をかけ、弟が手を振っているところに向かって歩いていった。

“Look what I found!” 弟は声を潜めて呼びかけたが、興奮せずにはいられなかった。 お兄さんも、お母さんが説明してくれた場所の前にしゃがみ込んでいた。

 兄は弟の伸ばした腕の方向を見て、「回り込めばいいんじゃない? 母は、変な道を見つけたら、とにかく回ってみなさいと言っていたのを覚えている。 」グレイは頭の中の疑問を絞り出すように、鳥の像の群れの足元に目を向けた。 母の指示を思い出し、その夜、枕元で「お姉ちゃんにも任せたよ!」とつぶやいた。「 秘密にすることを忘れずに、お兄さんにサプライズをしてあげてください。」その日、彼は母親のコートを引っ張って、「お母さん、どこに行くの? …… お姉さん?」、「Shhh! 私の良い子、あなたは成長しているんだ。 、「Shhh! 私の良い子、あなたは成長しています。 夢の中ではママが守ってくれるから、勇気を出して眠ってね」。 目を覚ますと、枕元に手紙が置いてあり、その中には今手にしているお菓子の紙に包まれた小さなメモが入っていた。また、封筒の中には兄が記憶していた地図が入っていて、それは実際にこの公園の地図だった。

昼下がり、太陽が昇り、広場を吹き飛ばしていた。 兄は目を細めて眼鏡をかけ、弟が手を振っているところに向かって歩いていった。

“Look what I found!” 弟は声を潜めて呼びかけたが、興奮せずにはいられなかった。お兄ちゃんも、お母さんが説明してくれた場所の前でしゃがんでいた。

捨てられた赤ちゃん?

「妹?」 グレイは何も考えずに瞬きをしながら言った。

弟は顔をしかめて、「僕たちが、彼女を連れて行ってもいいのか?」と言いました。

「これだけの嵐が、赤ちゃんが寝ているカゴにもかからないなんて、本当に像に守られているんだな」と、兄は頭上の一部を曲げた像を見上げながら、逆にため息をついた。

「私たちの母は本当にここに埋葬されていると思うか?」弟が尋ねると、兄は立ち上がって振り返り、戻ってきました。  弟にどうしようもないことを言うと、「バカオヤジはそれ以上言わなかった。 でも、ママ以外に魔法の形を描ける人はいるの?」

“And yes ……” 弟は眠る小さな赤ん坊をそっと抱き上げ、石像の下にワインのボトルを置き、兄はボトルに父のメダイヨンを掛けた。 二人は、背の高い鳥の群れの像を見上げた。石造りの翼からこぼれる陽光が、転がって眠り続ける赤ちゃんの顔に当たっていた。 弟は自分の体をそっと揺らし、その際、シャツの下から名刺を出して女児を見下ろしていた。 「それは…… 彼女の名前のか?」 弟が兄にカードを拾ってもらうと、兄は分厚いメガネをかけてやってきて、”Name: ma …… li, gift: Ms. Spurgeon “と一字一句読み上げた。

兄弟は互いに顔を見合わせ、なぜか突然に、そして不可解にも、彼らの混濁した人生に希望の光が滑り込んでくるのを感じた ……

「クソ親父の家財道具を売って、お金を稼げばいいじゃないか”」お兄さんが言った。

「僕もそう思う。今年の生活費は完全に仕送りしていないし、家からも離れているし……」弟は拳を握って同意した。

「じゃ、戻って準備するか?」

“No problem old brother!”

兄のグレイが黒い傘を開いて、兄弟と妹を覆ったのは、この通りまでだった。 二人は、装飾が施されているが埃っぽいスパージョン家の別荘の入り口を通り過ぎ、隣のアパートに入った。 しばらくして、お兄さんは鍵を手にすると、その隣にあるクモの巣のようなきしむ鉄の扉を開けて、そのまま倉庫に入っていた。 ベビー用品をかき集めて裏庭で掃除をした後、振り返ると誰もいなかったので、グレイはすぐに荷物を引っ張り出して建物の中に飛び込んだ。 「もし、この赤ちゃんが普通でなかったら? いや、確かに彼女は普通ではない。 変わったものはうまく隠さなければならない。」アパートの隠し扉を開けると、隣人たちの歪んだ表情が兄の脳裏をよぎった。 「1ヶ月分の光熱費だ」 弟はお札をリビングのテーブルに置き、兄を見上げた。 「私はもっとバイトしてほうがいい?」 お兄さんは荷物を片付けながら振り返って、「いや、僕もバイトする!学校にも行かないから、学校に行って兄が教えてくればいいんじゃん」と弟が言っていた。 兄は呆然としていた。 「…… いいよ。」 辛うじて言葉を絞り出し、苦労して笑顔を見せた。

「今日は特別な日。 弟のカラスは6歳、私は9歳、妹のメアリー……は0歳。」 兄は日記に「クソおやじ、お前が母が死んだと言っていた。 でも、もし彼女が生きていたら? もしかしたら、私たちの知らないところに行ったのかもしれん。……彼女には計画があったのだろう。」

2

[大雨が降ったこの日、スパージョン兄弟は生きる気力を取り戻した。 しかし、ベルにとっては、まだ自分の将来を想像することができていない。] 

铭记一刻 · Long · Text · Video

近日谈心整理🍵

最近的谈心真的很有意义。

水波很难画……叠上了漂流送给佐恩和我和自己的汽水。最近我们聊了很多。ps漂流桑的blog在主页第二页的友链里,叫DrifterGames。

为了zemi搞的很随意的小短片,被twi的互fo白川老师捉虫+鼓励了。迷之害羞却觉得这事很可爱。

有好多话想说好多事需要总结。但是却无从下笔写……总之先上传这些纪念意义的东西发出来保存下。如果有下文再继续补吧。😌📖

Photo

SOULBOOK——真·穿过故园的画框

总而言之买了如下↓东西……加上目前有的东西比如紫色的那个打印胶带的机子……准备搞一搞x

看了下漆喰风附加涂料有一定几率会用不上……嗯……或者需要买其他罐颜料配合x下次去学校再说。先做内容吧。

计划让不同质感的存在和情绪溢出画框……在此之前积累素材……各种草稿都搞一搞吧?总之先收拾屋子吧……(垃圾屋的照片以前也不是没有,不需要额外准备了🤦‍♀️

blog更新日志

blog更新日志

今天毛象上看漂流老师皮老师更新blog非常热血……备受鼓舞!于是调整了blog的设计。还和漂流老师互换了友链!👉DrifterGames BGM在哪个页面都能播放好棒啊😭……最近事太多了光昨天白天就一堆可以写的琐碎的事情……还蛮意外的x现在周日凌晨两点半左右,不说了我先整理下继续躺尸了!TAT(揉捏佐恩w)

Long · Text

穿过故园的画框(囤积中)

河边的盖洛思

-绿藻海兔-

咔嚓,咔嚓……咔嚓咔嚓……咔嚓……咔嚓……

盖洛思沿着河岸漫无目的地走着。他的靴子踩过烤焦的叶子,心不在焉地躲过土地上和叶子一般多的信件。土地上余下的火苗依旧在咔嚓咔嚓地响着。“诶唷……”,一个不留神间,盖洛思的靴子边一不小心从烤脆的纸张上滑过。他费劲地半抬着脚边蹲下,小心翼翼地抬起鞋底,用手沾了一点包里新鲜的苔藓,将手塞进了鞋底和信纸之间。不一会儿,鞋底那滑滑的小家伙便顺着苔藓爬上了他粗糙的指尖。盖洛思单手捧起这些破碎信纸上的透明生物——这些躯体透明,裹着深黑色的疑似脏器的东西的小家伙——盖洛思看着它们逐渐通体变绿。盖洛思管它们叫绿藻海兔。趁着海兔们缓慢地吸收着苔藓的时候,盖洛思用另一只手从包里取出空白的本子。他将本子的白纸贴近这些小海兔,这些小家伙便迅速爬进了本子里。苔藓瞬间失宠。白纸上,随着这些生灵规律的爬动,盖洛思脚下已成灰烬的信又重获新生。小家伙们耗尽了自己最后的黏液,将藻绿色的墨汁留在了纸上。盖洛思托着本子又将这些奄奄一息的小家伙丢进河水里。一到了河里,这些绿藻海兔们又变得不像海兔了。它们像水母一样欢快地游走。盖洛思看着它们,仿佛看到了伴着下课铃狂奔去操场玩耍的孩子们……

“留在这片被烈火焚烧过的林子里……吗。”,他喃喃自语道。

盖洛思看着自己手里被绿藻海兔的黏液塞满的本子,叹了口气。他倒也不是对收集来的这些信件的内容有多大兴趣,可就是觉得自己不得不这样。一种使命感强迫着他留下来。

盖洛思不是顽固死板的精灵的信徒。不是最后一个保卫布莱克家族的士兵。如今的盖洛思应是布莱克家族的守林人。“曾经托布莱克家族的福和精灵一族一起长大,如今这种时候,更要做他们的证人。”他一直对此坚信不疑。

-伊文贝尔大陆-

很久很久以前……久远到,这个世界的版图还没被找全的时候,有一片好山好水,却无人敢去的大陆。传说,那里有很多很多的,时而变成异形,又时而满嘴疯话的可怜人。他们的长时记忆似乎坏掉了。他们四处寻找着不存在的朋友,家人,还有……记忆里的自己。河水看不下去,山林看不下去,路过的动物也看不下去。于是,这些人被好山好水好生灵搭救,并与它们共生。不过,依照老盖洛思的考据:这群可怜人被发现并记录的资料中最早的那份,和精灵史里写的,这些自然之物拥有智慧的时期,正巧吻合!盖洛思大胆地猜测:溪流,树林和动物产生思辨能力并会说话,和这群可怜人类的变异是有关联的。

“这段历史,大概不会被写入任何史册吧……”盖洛思一边整理着行李一边回味着从海兔那里收集来的资料。“但这些可怜怪人却出现在各种民间故事里,并流传至今!”或许,挽回昔日平凡的日子,还有机会。

很久很久以前,这片好山好水的大陆上空被一群逃亡的龙影笼罩。

这群庞然巨物——伊文贝尔龙族降落于此。它们还未落地,便遇到了这处无名之地中最繁盛的一族——掌握着先进魔法,且形态似水的一族生灵。形态似水的生灵的代表同意龙族在此地生息,但是提出了一个条件:龙族必须和它们联姻。

“以龙族的矫健躯干和魔法,赋予这片大陆上一直没有稳固肉身的生灵们以正常的躯体。”

无处可去的龙族同意了。他们成立了一个以精灵为首的帝国——伊文贝尔帝国。就在这片好山好水的大陆上。从此,这些可怜人和他们祭拜的自然神们便拥有了名字:伊文贝尔精灵原住民和神族。

从此,这片大陆便逐渐兴盛,繁荣……直到……伊文贝尔皇室收到一份报告:

在伊文贝尔之海对面的雾气中,航海人员发现了一片新大陆。准确地说,是一个巨大的岛屿。而这个岛屿上,遍布着未知的高科技的废墟。

而此刻的盖洛思,正试图孤身一人,从这片新大陆回到前·伊文贝尔大陆——是的,现在那里已不再属于精灵了。

-黑与白-

怀特新政的某一年。

染发广告。手机广告。健身广告。财经频道。少儿频道。换台:“大白头”又开始宣讲人类的伟大了。老盖洛思关上了电视机。

“新闻发布会颁布禁止精灵相关题材的书籍。”时代已经进展到了这种程度了吗……老盖洛思一边思索着方才电视插播的群众游行,一边回忆起他刚离开布莱克岛时那股子雄心。

“哎……”

此时已是三更半夜,连港口巡逻的警卫都睡了。不远处灯塔的光在紫雾都那挂得高高的区旗上来回扫过。老盖洛思带上了门把手,从一间酷似铁皮集装箱的屋子里走了出来。怎么也安耐不住的不知什么滋味推着他仓促又没有方向的脚步冲出空旷的港口广场,径直捅进了巷子里。

打散老盖洛思那滚滚思绪的是一个惊吓。

此时的老盖洛思早已然逛完了被新政府怀特设为办公大楼的教堂的公共区一层。还不能平复心情的他方才正在教堂后面的墓园里踱步。而现在,他正蹲着,和一个被扔在角落的阴影里的,用白布包裹得紧紧的婴儿面面相觑。而这个婴儿……老盖洛思忍不住轻轻拨开婴儿鬓角边的白布……哦天哪!看她那尖尖的耳朵!

这是自从伊文贝尔精灵在黑白战争中败北后,盖洛思第一次再次见到精灵。不过要说起这场战争,可就话长了……