Text

1088

是在两个世界的夹缝间记录的日记。

想起以前打人很痛的。每次都会捶死同桌的后背。那些事以后扔进动画里吧。揉碎了。撒进去。我已经不再是我,那时候的我也没有能力融入生活,但是一直开着录像机。就这样鬼一般地活着。假的。但是也半真……骗得仿佛是真的似的。

“我不承认那个我活过。”萨纳对佐恩说。“想起”黛静那重重的一拳头把佐恩垂得吐面条差点喷到路过的盖伊身上,真罕见,盖伊说。雪还隔着黛静向佐恩道歉,说黛静就是个“傻亚可”……然后佐恩却擦了擦嘴朝天嘟囔了一句“原来你以前是这样的啊……”黛静一愣。

“我倒是觉得,那样的你也很可爱啊……别随便否定自己存在过的痕迹啦……就算它不是真的,那也是你系统升级了无法再识别的缘故不是吗?我们都是这样蜕皮活着的人啊,谁又不是呢?后来,佐恩和“我”如是说道。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中