Text

1006

一个想法:把开头的风格和好感度按照亲人到接近故事难懂的本质列个顺序,然后把几组开头分别作为不同故事章节的开篇写。17年3月17日星期五开的那个作为人物介绍——说梦人的故事,佐恩作为中间的故事或再看,而茧-无限大可以作为结尾or和佐恩那个角度平行的叙事。总之这些不同的角度可以不同开头方式融在一本里面。觉得是没问题的。孤独的个人叙述则可以放在片尾和说梦人呼应。“诗篇”可以作为书封索引之类的或者插在故事里做预言。以上。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中