Text

听edel的梦时想起的旧事。

“梦里有个地方叫紫雾都,位于白死城的中心,是首都。那里是梦旅人游经的圣地,里面有很多做梦的人讲自己的梦从那里投放,寄到它关心的存在脑子里。也许当你成为一个彻头彻尾的梦的时候就已经去了那里,然后给过去的你写了封信……这封信将作为一个过去的你不知道的人,一个朋友给你讲述着高阶的故事,然后当你顺应着那个朋友的许诺来到紫色的圣都时,便发现自己方才的人生只不过是一个投放出去的梦,你一直在这里。梦都没有统一的线性时间。而那个收梦的人也早已给了你一份完美的回忆作为报答。或许这就是某种成长也说不定呢?”

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中