Text

码的评论

说到灵魂,如果身边有过阿尔茨海默症的亲人或患有精神官能症的朋友的话,灵魂永恒的论调便会被身体和神经的小不适轻松击垮了——如果灵魂真的是记忆与感受的集合,那么同肉体产生共感的我们也只能是从属于灵魂的卑微生命了。显然,灵魂与“我”,不是一个。被飘渺的理论与梦束缚可不是歌颂灵魂的初衷啊。如果过去有什么重创将你自认为的灵魂击垮的话,至少还有残存的信念与执念维持着那他人所感受的灵魂的模样。而带着这种信念的人总给人感觉“灵魂外露”,被形容成有灵魂的人。说到底灵魂是什么,也许是不可言喻的存在吧?仅仅是想像:如果时间是空间与空间相交出的切口,那灵魂是不是那形影相伴的“过去的我们”的集合?然后它顺着那切口一直滑落,直至滑出时间的切口,直至我们迎来死亡。

如果灵魂是记忆与感受之间的博弈…如果说任何维度的生命都应有它存在的空间。相应的,任何这样存在的空间也都有了各自的寿命。不论肉体还是机械,都是空间的浓缩吧?若谈灵魂这一话题的精妙之处在于你能感受到类似于灵魂的感觉的话,如果要更换一个身体容器,这种感觉还会延续吗?如果灵魂是记忆与感受之间的博弈,生死便是意识是否获得独立的赌注吗?还是说,不论什么复杂到质变都会有意识从中诞生,已其本能活下去…(乱说了这么多读完感谢/w

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中