Text

685

不眠夜

星空照耀着璀璨的神明,我在这月桂树下静候白昼的长眠。听写着心发出的声音,我在屏幕前沉睡。皎洁的月光下并无人影。雪白的屏幕前那个人,今天又觉出了一丝寂寞。最终还是湿了眼。

她说:傻姑娘,睡吧。

那是好久没听到的玛丽的声音,在遥远的……未来。

如果给我一次机会回到过去,我真想,在生病之时,就此沉睡于幻觉里,一觉不醒。

只喜欢和自己对话的人儿啊,你活在这个世界上图个什么呢?

你曾说:不能享受独自的时间,是多么令人惋惜。只是,此刻这个人儿啊,并没有停歇住,他那颤抖的心。夜在歌,人未眠。心在跳,梦随行。这样的夜晚里,人儿陪他自己过,给自己写诗,唱歌,依旧没有为了自己的前途或命运做任何准备,没有那些,只有一支月光下的水仙花,一夜的开一昼的睡。


2015-07-17 18:51:10 【曰——书籍上的亡命徒啊,给我唱首歌吧。】 http://music.163.com/#/song?id=29027569

2015-07-17 18:57:48 【曰——书籍上的亡命徒啊,给我唱首歌吧。】 我只是我,一个遥远的朋友罢了。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中