Text

2015-5-1

我想这些经历应让我不去回避塑造自己喜欢的角色一些讨人厌的另一面(笑)

身世经历差得越远,这些讨人厌的面目就应该随着矛盾多写一点,会真实一点——当然,有必要去说明原因,从不同角度去塑造。不该失去人物本身的特点。让角色去刻意地不与观众产生太多共鸣,而是在较好的角色互动流露出更多“尊重”,会更舒服把。事实我们过于共情也只会让读者感到被侵犯——尤其我们的经历颇为不同时更是。而小心地刻画那些讨厌,嘛。过去的某人我可以不用理那块记忆了。

——————————————————————————————————

难受就让它难受会儿吧。

然后,想想身边的人。

他们各种各样的遭遇。

记起朋友说的:

“一切都会好起来。”

她小学的时候总对自己说起的话。

用那些人习得的踏实与宁静——

熄灭自己悲愤的怒火。

看不进去字的毛病,练习也会渐渐好起来。

好起来吧。

给自己个机会成全下未来的那个别人。

她会倒过来谢谢当初的这样的我。

这也算是一种自杀吧?

将这个无意义的延续杀死。

事到如今不得不对自己的委屈截肢了啊。

那些恶心的人,随他们去吧,我的未来没有他们。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中